脊柱の破裂骨折とは?

脊柱の破裂骨折について

脊柱の破裂骨折とは、椎体の前方の壁だけではなく、後方の壁も圧迫骨折しているものをいいます。
脊柱の圧迫骨折は、椎体の前方壁が楔状骨折するもので、多くは脊髄神経には影響を与えません。
しかし、交通事故で脊柱の破裂骨折が生じるほとんどのケースでは、脊髄神経に何らかの影響が生じ、脊髄症状、麻痺、シビレ、脚の痛みなど、重篤な症状を示します。これらは胸椎下部~腰椎上部に多く発生しています。

62-1  上記のイラストでは、、グレード3の右側に匹敵するものです。  

62-262-3

※XP             ※MRI

破裂骨折が疑われる場合には、通常、XPとMRI検査が実施されています。
骨の形が保たれていても、MRIでは輝度に変化があり、骨折と診断できます。上記の図の2つを見比べていただければ、MRI画像によりはっきりと骨折箇所が確認できます。

また、複数の椎体骨折であっても、MRIでは、陳旧性骨折なのか、新鮮骨折なのか、といった点も診断できます。
したがって、MRI画像をしっかり確認することが重要であるといえます。

交通事故による脊柱の破裂骨折では、ほとんどが、緊急手術による固定が選択されています。
以下の右図のような固定がされます。

62-4 

骨粗鬆症が進行している高齢者の破裂骨折では、経皮的椎体形成術が行われています。
骨折した椎体の中に骨セメントを注入して椎体を安定させるというもので、椎体の中に挿入するものには、セメントのほか、リン酸カルシウム骨セメント、ハイドロキシアパタイト=骨の主成分のブロックなどがあります。

脊柱の破裂骨折における後遺障害のポイント

脊柱の破裂骨折では、その多くが受傷直後に緊急オペで固定されています。
したがって、固定術を受けているため、11級7号は、ほぼ自動的に認定されるのですが、それだけで満足することは後遺障害認定を行う上で好ましい判断とはいえません。

さらに高い後遺障害等級の獲得ができないか、すなわち、著しい変形なのか、中程度の変形であるのか、つまり、6級5号、もしくは8級2号の可能性について、画像から丁寧に検証することになります。
※脊柱の変形に関する後遺障害等級認定についてはこちら

また同様に、脊柱の運動障害の観点からも、アプローチをしなければなりません。
※脊柱の運動障害に関する後遺障害等級認定についてはこちら

脊柱の破裂骨折で固定術が実施される背景には、脊髄損傷を最小限にする目的があります。
術後の被害者に、上・下肢の麻痺、強烈な痺れ、上・下肢の疼痛、排尿障害など、重篤な脊髄症状が残存していれば、神経系統の機能障害で等級の獲得を目指す必要があります。
障害の程度により、9級10号、7級4号、5級2号が選択されています。膀胱機能障害については、併合の対象となります。

後遺障害の立証では、後遺障害診断書以外に、「脊髄症状判定用」 の用紙を提出し、肩・肘機能、手指機能、下肢機能、上肢・下肢・体幹の知覚機能、膀胱機能、日常生活状況について、検査と結果の記載をお願いしなければなりません。
排尿障害については、ウロダイナミクス検査で立証することになります。

まとめ

四ツ橋総合法律事務所では、事前に脊髄症状のチェックを行い、日常生活状況については、被害者の職業上の具体的な支障を記載した書面を主治医に提示し「脊髄症状判定用」の用紙への記載をお願いしています。

主治医に適切な脊髄症状に関する被害者の状況の記載をお願いしなければ、後遺障害等級を判断する者が等級認定に疑問を持つ可能性もあり、目指す等級の獲得はできないことが多いです。

脊髄症状での後遺障害等級獲得をお考えの方は、是非、四ツ橋総合法律事務所にご相談ください。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市