上位頚髄損傷について

脊椎の構造について

今回は,脊椎の損傷によりどのような障害が生じるかについてみていきます。
まず,以下の図により脊椎の構造を確認してみてください。 64-1   64-2

脊椎損傷による障害の内容

 

脊髄損傷の部位障害の内容
C5より上呼吸麻痺,しばしば死亡
C4/5、またはC4より上完全な四肢麻痺
C5/6の間下肢の麻痺はあるが、上肢の外転、屈曲は可能
C6/7の間下肢、手首、手の麻痺があるが、肩関節の運動および肘関節の屈曲は通常可能
Th1より上横断損傷があれば、縮瞳
Th11/12の間膝の上下の下肢筋麻痺
Th12〜L1膝より下の麻痺
馬尾反射低下性または無反射性の不全麻痺が下肢に生じ、通常は神経根の分布域に痛みと触覚過敏が生じる
S3/4/5腸および膀胱機能の完全な喪失

  上記は、脊髄の損傷部位と障害の大雑把な分類を示したものです。
脊柱に強い外力が加えられることにより、脊椎を脱臼・骨折し、脊髄損傷を発症しています。
この内、上位頚髄損傷、C1/2/3に限局した横断型頚髄損傷を解説しておきます。  

上位頚髄損傷、C1/2/3に限局した横断型頚髄損傷

C1/2では、先に環軸椎の脱臼・骨折・亜脱臼を説明しています(環軸椎の脱臼・骨折・亜脱臼についてはこちら)が、これにとどまらず、横断型頚髄損傷を来すと、肋間筋および横隔膜の運動を支配している神経が破断し、自発呼吸ができなくなります。これは肋間筋および横隔膜の運動によって肺呼吸が機能しているためです。

この部位に、横断型頚髄損傷を発症すると、四肢体幹麻痺に加え、自発呼吸の麻痺することにより、人工呼吸器、レスピレーターに頼ることになります。
気管切開により、装着中は声を出すことができず、自力で排痰も不可能となります。また,四肢はピクリとも動かず、排尿・排便のコントロールもできず垂れ流しとなります。
徐々に循環不全となり、死に至ります。

横断型脊髄損傷は、MRIで立証することができますが、日常生活の全面で、全介護が必要な状態であり、後遺障害は別表Ⅰの1級1号となります。

脊髄=中枢神経系は末梢神経と異なり、非可逆性で損傷すると修復・再生することはあり得ません。
現代の医学でも、これを回復させる決定的治療方法は未だ発見されていません。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市