最も交通事故の多い時期!12月の自動車運転で注意すべきこと!

pixta_1770905_S

最も交通事故の発生件数が高い12月

12月は、1年の中で最も交通事故の発生件数が多いシーズンです。
この時期には、交通事故によって亡くなる人も急増する傾向がありますので、平和に年越しをするためにも、事故に遭わない心掛けが必要になると言えるでしょう。
今回は、12月に交通事故が急増する理由をご紹介しますので、事故防止のために役立ててみてください。

12月に交通事故が急増する理由① 多忙

師走と呼ばれる12月は、多くの人が仕事等で忙しく過ごしているため不注意による交通事故が起こりやすくなっています。
たくさんのお客様を抱えている営業職のビジネスマンなどは、1年最後のご挨拶まわりをするために自動車で出張する機会が増えることになります。
また、普段自宅に居ることの多いお年寄りや専業主婦の皆さんも、慣れない自動車に乗って年末年始の買い出しにでる機会が増えるため、交通量も急増すると考えて良いでしょう。
このような事象から考えても、普段と比べて「やらなければならないこと」の多い12月は、多くの人が交通事故を起こす要素が多いと断言できます。

12月に交通事故が急増する理由② 飲酒

忘年会シーズンの12月は、お酒による交通事故の件数も急増します。
普段運転代行を使って帰宅している人でも、この時期はなかなか代行業者が捕まらないことによって、「ちょっとそこまで…」という軽い気持ちで飲酒運転を行ってしまいがちです。
もちろん、この記事を読んでおられる交通事故に関心のある方は、そのようなことは決してないと思います。
また歩行者の中にも、泥酔によって交通事故に巻き込まれる人が多い実情がありますので、事故防止の心掛けはドライバーだけではないことを頭に入れておいてください。

12月に交通事故が急増する理由③ 雪が降り始める

12月に交通事故が多い理由には、凍結や降雪という環境的要因もあります。
師走である12月には、まだ車をスタッドレスタイヤに変えてないドライバーも存在します。
また乾路の感覚で運転をすることによって、過信によるスリップ事故も多い傾向がありますので、12月は特に前後の距離を保って、また、スピードも控えめに運転することが事故防止に繋がると言えそうです。

12月に交通事故が急増する理由④ 日照時間が短い

日照時間が最も短い12月は、通勤時間帯の交通事故も急増します。
「普段はヘッドライトを点灯していないから!」という過信が事故を招きますので、普段の感覚だけではなく、周囲の明るさを見ながらライトを点灯するようにしてください。
また、ヘッドライトを点灯することは、他車の運転者による自車の発見を早めることができるといえますので、もらい事故防止のためにも周囲の車に合わせずにみなさんが対向車等が見にくいと感じたら積極的にライトを点灯させることも大事です。

万が一交通事故に遭った場合は?

交通事故に遭ってしまった場合は、どんな状況であっても警察と保険会社に連絡を入れるようにしてください。
相手との示談交渉などにトラブルが生じた時には、交通事故に関する示談交渉等を得意とする四ツ橋総合法律事務所にぜひご相談ください。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市