高齢者の交通事故の特徴と予防のポイント

kourei

交通事故の急増が想定される高齢化社会!

みなさんは最近のテレビ・新聞・ネット上のニュースなどで、高齢者の自動車運転により引き起こされる大きな事件などをよく見かけないでしょうか?
日本国内における交通事故死亡者数を年齢別で見ていくと、その半数以上が65歳以上の高齢者という実情があります。
現在でも十分に多すぎると考えて良い高齢者の自動車事故ですが、これから超高齢化社会に向かっていくことによって、更にその発生件数は増えることが想定されるのです。
今回は、お年寄りにありがちな交通死亡事故の事例と回避策をご紹介していきますので、交通ルールの再確認に活用してみてください。

意外と多い!高齢者の信号無視!

高齢者の事故原因で非常に多いのは、信号無視です。
動体視力が鈍ってきているお年寄りは、赤になった信号の変化に気付かないまま、交差点などに侵入しやすい特徴があります。
また、信号無視による交通事故には、歩行者や自転車のお年寄りによるものもありますので、自分がどんな立場であっても信号機をきちんと確認する習慣が必要といえます。
たとえ、自分の対面信号機が青信号であったとしても、信号無視をしそうな者がいないかどうか念のために確認をしておくことも事故防止につながるでしょう。

横断禁止場所を横断する高齢者の急増!

お年寄りの交通事故は、横断禁止場所で発生しやすい特徴があります。
特に信号機や横断歩道の少ない過疎化地域では、「自動車は滅多に来ない」という過信によって危険な横断が生じてしまうのです。
また、横断禁止場所で事故に遭うお年寄りの中には、痴呆症の深夜徘徊によるものもありますので、家族の皆さんがきちんと見守ってあげることも大事な事故予防になると考えられます。

自転車乗車中も交通標識を守って!

自転車乗車中に交通事故に巻き込まれるお年寄りは、一時停止などの標識を守らず、公道に飛び出してしまうケースが多いようです。
特に普段徒歩で出掛けることの多いお年寄りは、厳しい交通ルールを守っているドライバーと比べて交通標識を意識しにくい特性がありますので、事故に巻き込まれないためにも自転車運転時のルールや標識を再確認しておくべきと言えるでしょう。

反射材を身に付けることで交通事故が防げる!

早朝や夕方以降の外出が多い場合は、自転車やジャケットなどに反射材を装着することで、他車の運転者による自車の発見が早まり、死亡事故に巻き込まれるリスクを回避することができます。
特に認知症によって徘徊する傾向の高いお年寄りには、有効性の高い方法となります。
最近では、反射材を取り入れたデザイン性の高い上着等も販売されています。ショッピングモールやホームセンターなどで購入してぜひ積極的に実践してみてください。

まとめ

高齢者による交通事故の中には、示談などの手続きが進まないトラブル事例も多く見受けられます。
交通事故サポートを得意とする四ツ橋総合法律事務所では、さまざまな事例の事故相談を受け付けていますので、もしご家族の事故などへの対応で悩まれている場合は、お気軽にご相談ください。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市