年末年始の交通事故を防止するためにできること

b10d1e0ca1fdb8b991fefd5ad298a07f_s

 年末年始は交通事故が多い!

年越しの買い出しや忘年会への移動、帰省などでたくさんの人が運転をする年末年始は、交通事故も急増する時期です。
このシーズンの交通事故は、少しの心掛けで防げるものが多い特徴がありますので、ここで紹介するポイントを抑えて運転や移動を行うようにしてください。

余裕を持って行動する!

師走でもある年末年始は、マイカーを運転する人の多くがさまざまな用事やスケジュールに追われている傾向があります。
特に凍結や雪が降った日は、普段よりも渋滞が起こりやすい傾向もありますので、余裕を持って行動することが事故の回避に繋がると考えて良いでしょう。
また、雪道での事故は、スピードの出し過ぎによって起こることも多いため、無理なスケジュールを組まないことも安全運転に繋がると言えそうです。

いつもより早めにライト点灯する!

日照時間の短い12月は、普段よりも早めにライトを点灯する習慣を付けてください。
特に繁華街などでは、忘年会に向かう歩行者なども急増する傾向がありますので、自分が加害者にならないためにもヘッドライトを上手に活用すべきです。

飲酒運転は絶対にダメ!

どんなに短い距離であっても、飲酒運転は絶対にしないでください。
飲酒運転によるリスクは、「自分が逮捕されるから」というだけではありません。
アルコールによって注意力が欠如すると、歩行者や自転車を巻き込む大事故を起こすこともあります。
「周囲に迷惑をかけない」という意味でも、飲みに行くことが分かっている際には出かける際に自動車を利用しないことや、やむを得ず自動車を利用して飲み会の場に出ることになったとしても運転代行などを活用すべきです。

徒歩で出掛ける時は明るい服装で!

交通事故に巻き込まれるのは、ドライバーだけではありません。
忘年会の行き帰りに雪道での転倒や自動車事故に巻き込まれることもありますので、自分の存在をドライバーにアピールするためにも、明るい服装や反射板などの装着をした方が良いと言えるでしょう。

スタッドレスタイヤの準備も忘れずに!

年末年始の事故の中には、スタッドレスタイヤの未装着による事故も非常に多い傾向があります。
特に雪の降らない地域の皆さんは、「多少の凍結なら問題がない!」と過信による事故を起こしがちですので、降雪や路面凍結の多い地域への帰省の際には、必ずスタッドレスタイヤを装着した上で運転をするようにしてください。

まとめ

年末年始に起こる事故は、ここで紹介したポイントを意識するように心掛けることでほとんどの場合が回避できると思います。
四ツ橋総合法律事務所では交通事故関連の相談対応をしていますので、万が一、交通トラブルが生じた際にはお気軽にお問い合わせください。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市