肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)~概要と後遺障害獲得のポイント~

6-1

肩腱板断裂、肩関節の脱臼、反復性肩関節脱臼、肩関節周囲炎、上腕骨近位端骨折、上腕骨骨幹部骨折等、
肩関節周辺で生じる傷病名と後遺障害
について説明します。

 

肩鎖関節脱臼のグレード

Ⅰ 捻挫肩鎖靱帯の部分損傷、烏口鎖骨靱帯、三角筋・僧帽筋は正常。


XPにおいて異常は認められません。

Ⅱ 亜脱臼肩鎖靱帯が断裂、烏口鎖骨靱帯は部分損傷、三角筋・僧帽筋は正常。
XPにおいて関節の隙間が拡大し鎖骨遠位端が少し上にずれることがあります。

Ⅲ 脱臼肩鎖靱帯、烏口鎖骨靱帯ともに断裂、三角筋・僧帽筋は鎖骨の端から外れていることが多く、XPにおいて鎖骨遠位端が完全に上にずれることがあります。

Ⅳ 後方脱臼肩鎖靱帯、烏口鎖骨靱帯ともに断裂、三角筋・僧帽筋は鎖骨の端から外れています。鎖骨遠位端が後ろにずれている脱臼です。

Ⅴ 高度脱臼Ⅲ型の程度の強いもの、肩鎖靱帯、烏口鎖骨靱帯ともに断裂、三角筋・僧帽筋は鎖骨の外側1/3より完全に外れています。

Ⅵ 下方脱臼鎖骨遠位端が下にずれる、極めて稀な脱臼です。
肩鎖関節とは鎖骨と肩甲骨の間にある関節のことを指しています。
肩鎖関節脱臼は、肩鎖靭帯・烏口鎖骨靭帯の損傷の程度や鎖骨のずれの程度等に応じて、上記の6つのグレードに分類されます。
グレードⅢまでの事案が多く、グレードⅥはほとんどみかけることがないといわれています。
Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの段階の症状については主として保存療法が、Ⅳ・Ⅴ・Ⅵの段階の症状については観血術による固定が選択されることが多くなります。  

肩鎖関節脱臼のグレード別の後遺障害該当性について解説

1)グレードⅠの捻挫によって後遺障害を残すことはほぼありません。

2)グレードⅡ・Ⅲにおいては、外見上、鎖骨が突出し、ピアノキーサインが陽性となります。ピアノキーサインとは、脱臼のグレードが高くなり鎖骨が浮き上がってきた部分を手で押すと一度元通りになるものの手を離すとまた浮き上がってくる症状をいいます。ピアノの鍵盤のような動きをすることが名前の由来です。

裸体で変形が確認できれば、体幹骨の変形として12級5号が認められます。あくまでも外見上の変形であり、XP撮影により初めて分かる程度のものは非該当です。

ピアノキーサインが陽性のときは、外見上の変形を写真撮影し後遺障害診断書に添付しなければなりません。

鎖骨の変形の場合と同様、骨折部の運動痛の有無が賠償額決定の重要なポイントになります。

体幹骨の変形による12級5号では、骨折部の疼痛も周辺症状として含まれるため、疼痛の神経症状で12級13号が認定され、併合11級となることはありません。

変形で12級5号が認定された場合であっても痛みを伴わない場合は、労働能力の喪失が否定され逸失利益が認められないことがあります。

これに対して、運動痛が認められた場合、10年程度の逸失利益が認められる可能性が高くなります。

変形に伴う痛みは、自覚症状以外に鎖骨骨折部のCT、3D撮影で立証することができます。

変形が認められない場合であっても、肩鎖関節部の痛みについて14級9号が認定されることがあります。

3)肩鎖関節部の靱帯損傷や変形により、肩関節の可動域に影響を与える場合があります。

この場合、鎖骨の変形以外に肩関節の機能障害が後遺障害の対象となることがあります。骨折部位の変形をCT、3D、靱帯断裂はMRIで立証していくことになります。

患側の関節可動域が健側の関節可動域の2分の1以下に制限されるときは(手が肩の位置辺りまでしか上がらないイメージ)10級10号が、患側の関節可動域が健側の関節可動域の4分の3以下に制限されるときは(手が肩の位置よりは上がるけれど上までは上がらないイメージ)、12級6号が認定されます。

症状と後遺障害等級

4)症状と後遺障害等級のまとめ

等級

症状固定時の症状

10級10号

患側の可動域が健側の2分の1以下となったもの、

12級6号

患側の可動域が健側の4分の3以下となったもの、

  

12級5号

鎖骨に変形を残すもの、

  

14級9号

脱臼部に痛みを残すもの

  

併合9級

肩関節の可動域で10級10号+鎖骨の変形で12級5号

併合11級

肩関節の可動域で12級6号+鎖骨の変形で12級5豪

肩関節の機能障害と鎖骨の変形障害は併合の対象ですが、鎖骨の変形と痛みは周辺症状として扱われるため併合の対象となりません。
等級が併合されないとしても、単独で後遺障害が認定されることもあるため、痛みがある場合には後遺障害診断書に記載してもらう必要があります。  


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市