肩腱板断裂(かたけんばんだんれつ)~概要と後遺障害獲得のポイント~

肩腱板断裂について

8-18-2

部分断裂            完全断裂

肩腱板と呼ばれる筋肉の束は腕を上げたり、ねじったりするときに働きます。
肩腱板は、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋肉で構成されています。

肩腱板の断裂は、交通事故などの外傷による場合と加齢による腱板の老化から生じる場合がありますが、棘上筋の損傷もしくは断裂が圧倒的の多いといえます。棘上筋は上腕骨頭部に付着していますが、付着部の周辺が損傷および断裂の好発部位となっています。
腱板は、肩峰と上腕骨頭筋に挟まれています。腱板と肩峰・上腕骨頭筋の間には、肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)があります。
腕をあげようとすると上腕骨頭が肩峰の下を通ろうとします。その際に肩峰下滑液包がクッションの役割をして肩関節がスムーズに動くようにします。腕を万歳した状態になると、 肩峰下滑液包は滑りこむように上腕骨頭と肩峰の間に収まります。
医師は、肩が挙上できるかどうか、肩関節に拘縮があるかどうか、肩を挙上した際に肩峰の下で軋轢音があるかどうかを検査します。この検査において、軋轢音や棘下筋萎縮があれば、腱板断裂が生じている可能性が高いといえます。
X線所見では、肩峰と骨頭の間が狭くなり、MRIでは骨頭の上方の腱板部に断裂の所見(骨頭の情報に位置する腱板部に白く映る高信号域)がみられます。
断裂がある場合に肩関節造影を行うと肩関節から断裂による造影剤の漏れが認められます。

肩腱板断裂にの治療法

1)肩腱板の部分損傷は、若年者であれば、大多数はリハビリ治療で治癒します。
事故直後は、痛みが強く、肩の可動域は大きく制限されますが、疼痛管理で炎症を押さえ、さらにリハビリで肩の動く範囲を取り戻していくことが大切となります。

2)肩腱板の広範囲断裂で、どの姿勢でも痛みが強く、夜間痛で眠れない、腕の運動痛が堪えがたいときは、若年者に対しては、腱板修復術が実施されることがあります。中年以上では、肩関節の拘縮が懸念されるところから安静下で2週間程度の外固定が実施されるのが一般的です。

3)肩腱板断裂は、MRIもしくはエコー検査で立証していくことになります。
医師が、XP検査で肩峰と上腕骨頭の裂陵が狭小化していることを指摘しても、自賠責の判定においては、腱板損傷や断裂を認めてもらえません。

4)症状固定時期は、受傷から6ヶ月を経過した時点で行うことを検討するべきです。可動域は時の経過とともに改善していくことが多いため、後遺障害の認定をとれなくなってしまう事態が生じうるからです。

認定される後遺障害等級は、肩関節の機能障害による12級6号が大半ですが、腱板の広範囲断裂、肩関節の脱臼、鎖骨の遠位端粉砕骨折等を合併している時はより高位の等級が認められることもあります。

MRI画像を分析、被害者の肩関節を動かしたうえで、今後の進め方を検討する必要がありますので、なるべく早い段階で当事務所にご相談ください。  


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市