反復性肩関節脱臼(はんぷくせいかたかんせつだっきゅう)~概要と後遺障害獲得のポイント~

11-1

前回もご説明しましたが、肩関節は、肩甲骨の浅いくぼみの部分に上腕骨がぶらさがっているだけであり、関節部に骨の連結がないため大きな可動域を有していますが、このような構造から脱臼が生じやすくなっています

10・20代の若年者の外傷性肩関節脱臼では、反復して生じることが多いといえます。
脱臼の大半は、徒手で整復されますが、若年者の場合、これが繰り返し生じる確率が高いことが注目されています。

肩関節は、肩甲骨面に吸盤の役割をしている2つの関節唇という軟骨に、靭帯と関節の袋である関節包が付着し、これが上腕骨頭を覆うことによって安定化しています。
脱臼時に関節唇が肩甲骨面から剝離し治癒しない場合、再び外力が加わると脱臼を繰り返すことになるのです。
極端な例では、背伸び運動によって肩関節が外れます。

関節鏡術、症状固定のどちらを先行するべきかが問題です。
反復性肩関節脱臼が認められる場合、自賠責調査事務所は12級6号を認定することがあります。
賠償額を増額する観点からすると、症状固定を先行すべきといえます。

近年、整形外科の肩関節外来では、関節鏡術がめざましく発展しており、反復性肩関節脱臼に対しては、モニターを見ながら関節内を十分に観察、剥がれた関節唇を肩甲骨面の元の位置に縫い付けることで、安定した成績を積み上げています。

鏡視下手術は、3カ所について5~7mmの切開ですむことが大半であり、傷跡もほとんど残らず、術後の入院も、2~3泊であり術後感染のリスクも、ほとんどありません。
私見では、症状固定を選択したうえで後遺障害等級を獲得後、損害賠償を受領してから健康保険適用で治癒を目指すことが良いと考えています。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市