上腕骨近位端骨折(じょうわんこつきんいたんこっせつ)~概要と後遺障害獲得のポイント~

12-1 12-2

上腕とは二の腕のことを指し、上腕骨は肩関節から肘関節をつなぐ骨で、上腕骨近位端とは肩関節近くの部分を指します。転倒などの軽い外力で生じることもあり、高齢者では、大腿骨近位部骨折(股関節)、橈骨遠位端骨折(手関節)、脊椎圧迫骨折と並んで多い骨折の一つといえます。

上腕骨近位端骨折は、骨折の部位と骨片の数で分類することで骨頭への血流の予後に影響を与える因子を判定することが可能となり、治療方針の決定に有用とされています。

上記のイラストは、骨折の部位と骨片の数による分類を示しており、骨頭、大結節、小結節、骨幹部の4つに区分したうえで分類されています。

12-4
前面右    後面右     外側

骨頭でズレのない場合は、3週間の三角巾固定で骨癒合が得られることが多いといえます。
転位が認められるときは、X線透視下に徒手整復を実施したうえで4週間のギプス固定を行うことがあります。脱臼を整復することで骨折も整復されることが多いからです。
大結節の骨折では、転位が軽度でも肩関節の炎症を起こしやすく、経皮的にKワイヤーやラッシュピンで固定するのが主流といえます。
小結節、骨幹部では、いずれも観血的整復固定術の適用が検討されることになり、髄内釘やプレート固定が実施されます。症状固定時期は、高齢者であっても受傷から6ヵ月程度で検討した方が良いといえます。後遺障害は肩関節の機能障害により12級6号、10級10号が認定される可能性があります。
小結節、骨幹部で転位の大きいものは、骨頭壊死を発症する可能性が高く、上腕骨頭が壊死すれば、人工骨頭置換術が行われます。
高齢者では、骨粗しょう症を原因として高頻度に壊死が生じます。

1)上腕骨近位端骨折では、肩関節の機能障害、つまり可動域制限と骨折部の疼痛が後遺障害の対象となります。  

部位

主要運動

参考運動

肩関節

屈曲

外転

内転

合計

伸展

外旋

内旋

正常値

180°

180°

0°

360°

50°

60°

80°

8級6号

20°

20°

0°

40°

   

10級10号

90°

90°

0°

180°

25°

30°

40°

12級6号

135°

135°

0°

270°

40°

45°

60°

  認定される等級は、機能障害においては、8級6号、10級10号、12級6号から、痛みの神経症状では、12級13号、14級9号となります。

2)高齢者の場合 上腕骨頭頚部骨折であっても、グレードの高い骨粗しょう症でない限り、骨癒合は良好に得られます。
固定後のリハビリ治療をきちんと実施すれば、2分の1以下の可動域制限を残すことは少ないといえます。

もっとも、正常値の180°まで改善することも少ないといえます。
症状固定時期を検討したうえで12級6号を獲得するのが現実的な選択といえます。

3)若年者の場合 転位=ズレの認められない骨折では、骨癒合が得られることが多いため後遺障害を残すことはあまりないといえます。
大結節骨折によりKワイヤーやラッシュピン、小結節の骨折により経皮的に髄内釘やプレート固定が実施されたものは、CTの3D撮影で変形骨癒合が立証された場合には、12級6号・14級9号が認定される可能性があります。

4)可動域制限の原因が重要 2分の1以下に可動域が制限されていればそれだけで10級10号が認定されるとの記載をホームページではよくみかけますが、可動域制限においてはその原因を立証しないと後遺障害認定を受けることはできません。
ポイントとなるのは、骨癒合であり、この点を正確に立証する必要があります。

自賠責調査事務所は、後遺障害を否定する根拠を精査しており、可動域制限があるだけの場合だと、「そのような高度な可動域制限が発生するとは考えられない」等の理由で10級10号を否定し、12級6号もしくは非該当とする傾向にあります。

このような事態を防止するため、早期に当事務所にご相談ください。
CTやMRIをチェックすることで、骨折の部位と形状、骨癒合を検証し、症状固定時期、予想される後遺障害等級と立証の方法を検討することができます。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市