腰椎横突起骨折~概要と後遺障害獲得のポイント~

腰椎横突起骨折

衝撃の大きい追突、バイク・自転車からの転落等で腰椎横突起骨折は発生します。

腰椎には横突起という骨突起があり、筋肉の力を腰椎に伝える役目を果たしています。

また、脊椎の横突起周辺には体幹を支え、姿勢を保持する重要な筋肉、大腰筋、腰方形筋が付着していますが、強力な外力によって無理な方向に筋肉が捻られた際に横突起部での骨折が発生します。

73-1

正面

73-2

背側

 

大腰筋は脊椎の横突起から股関節を超えて、大腿骨に付着しており、椅子に座った姿勢から膝を上にあげる動作、足が固定された状態で体を起こす際に働きます。また、脊椎を支え、姿勢を保持する作用があります。

腰方形筋は、下部肋骨と脊椎の横突起から骨盤にまたがる筋肉で、体を横に傾けるときに働きます。

L2の横突起骨折

73-3

横突起骨折は、レントゲン検査で発見できますがCTであればより確実といえます。
症状は腰痛・圧痛・動作痛ですが、末梢神経を傷めることはなく、足のしびれや麻痺等の神経症状を伴うことは、通常ないといえます。
主体的な治療は、腰の安静であるため、コルセットや腰部固定帯で骨折部位を固定します。
痛みを軽くするために、低周波の治療や湿布が並行的に実施されています。
頚椎や腰椎の横突起骨折の診断がなされただけであれば、後遺障害の対象になることは例外的です。もっとも、横突起部分が骨折するほどの衝撃を受けたことにより、その周辺の末梢神経、神経根のとおりに異常をきたすことがあるため、詳細に検証したうえで後遺障害に該当するかどうかを検討していくことになります。
そして、腰部のしびれや歩行障害が認められない場合であっても、慢性的な腰痛を残すことがあります。骨折部が離開していなければ骨癒合も期待できますが、筋肉に引っぱられて大きく離開しているときは骨癒合の期待が少ないといえます。骨癒合が得られなくても機能的な支障はありませんが、骨癒合不良が慢性腰痛の原因になることは十分予想されます。
その際は、骨癒合状況をCTで立証し、痛みの神経症状による14級9号・12級13号を目指すことになります。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市