歩行中に後方から走行してきた車両に衝突されたため右肘を負傷。弁護士の交渉により、賠償金の総額は830万円以上に増額!

  • 当方:歩行者(40代女性 看護助手) 相手方:車
  • 後遺障害:12級
  • 解決までの期間 1年2カ月
約180万円→相談後の提示額→約830万円 650万円UP!!

歩行中に後方から走行してきた車両に衝突されたため右肘を負傷。後遺障害の申請を行ったところ14級9号が認定されたが、弁護士が診断書等を確認したところ他覚的な所見に基づくものであり12級13号が認められるべきであると判断したため、医師との面談を実施したうえで医療照会を行った。

医療照会の回答書に弁護士の意見書を添えて異議申立てを行ったところ、12級13号が認定された。

その後、相手方の弁護士から約180万円の賠償額の提示を受けたが納得できなかったため、交通事故紛争処理センターに申立てを行った。

同手続きのなかで当方の主張を行った結果、約830万円に増額された裁定を獲得した。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市