足の構造と仕組み

足部

 

84-1

上の図のうち、踵=踵骨、距=距骨、舟=舟状骨、1~3楔=1~3楔状骨、立=立方骨、中足1~5=中足骨1~5、基=基節骨、中=中節骨、末=末節骨を指しています。種子骨は母趾中足骨の先端の足底面に配置されています。
足は、立つ、歩く、走ることを目的としており、その機能に適合するような構造となっています。
足部は、リスフラン関節とショパール関節によって、前足、中足、後足部に分類されています。
前足部は末節・中節・基節骨と中足骨、中足部は3つの楔状骨、舟状骨、立方骨、後足部は腓骨と踵骨で構成されています。

足関節

足関節は、かかとの上にある距骨、すねのけい骨、けい骨の外側に並行する腓骨、これらの3つの骨で構成されており、主に、つま先を上下に向ける動きを担っています。
関節表面は軟骨と呼ばれる弾力のある組織で覆われ、足関節周囲は、多くの関節や強靱な靱帯に囲まれていて、衝撃に強い構造となっています。
足関節は、けい骨と腓骨で距骨を押さえ込んでおり、背屈・底屈動作はできても、側方へは動かないようになっています。この骨格構造に、外側の靭帯、前距腓靭帯・後距腓靭帯と内側の靭帯である三角靭帯が加わることで足関節を安定させています。

三角靱帯

74-2

三角靱帯は足関節内側にある靱帯を指し内側靱帯とも呼ばれています。
全体の形は三角形に近く、けい骨と足根骨をつなぐ4つの部分に分かれ、各部は前けい距部、けい舟部、けい踵部、後けい距部と呼ばれています。三角靱帯は外側靱帯よりも強いため、足関節捻挫では内返し捻挫の発生が圧倒的に多くなっています。
足関節を構成する骨のうち、距骨は踵側からつま先側へ広がる台形になっており、距骨が後方へ動くのを抑制し、前方へ動きやすい状態を作り出しています。

足首

一方で、距骨が前方へ動いてしまうのを止めているのは、主に前距腓靭帯です。
足関節では、けい骨と腓骨が距骨をおさえる働きを補助するように、くるぶしの上のけい腓関節をしっかり固定すると、捻挫の危険性を回避できるといわれています。
足首は多くの関節の組み合わせから構成されており、その運動は複雑です。底屈・背屈を基本に、内転と外転、回内と回外といった複数の動きが無意識のうちに組み合わさって、内返し・外返しという足の動きを形成します。

74-474-5

74-6  74-7

 

足部のアーチは縦と横の2種類あり、骨の配列と靭帯そして足底筋膜で保持しています。

88-2

立ったときに接地しない足底の部分を土踏まずと呼びますが、足底部分は、全面が床に接地しているのではなく、中足部を頂点として縦に2つ横に1つの弓状に張ったアーチを形成しています。

足のアーチには、以下の3つの機能があります。
①足を蹴りだす力、バネの機能、
②衝撃を吸収するクッションの機能、
③足底の筋肉や神経を保護する機能、

74-9

足の爪は、指先の表皮が角化したものであり、指の末端を保護する役割を果たしています。
爪は毎日成長し、手指では1日に0.1mm、足では0.05mm程度伸びるといわれています。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市