頭部外傷(高次脳機能障害)②~高次脳機能障害認定の3要件~

高次脳機能障害が認められるためには

高次能機能障害として後遺障害が認められるために重要な点についてご説明致します。

1)頭部外傷後の意識障害、もしくは健忘症あるいは軽度意識障害が存在すること

①当初の意識障害、半昏睡~昏睡で、開眼・応答しない状態、JCSが3~2桁、GCS、12点以下が少なくとも6時間以上続いていることが確認できる症例、

健忘あるいは軽度意識障害、JCSが1桁、GCSが13~14点が、少なくとも1週間以上続いていることが確認できる症例、  

意識障害 JCS
Ⅰ覚醒している (1桁の点数で表現)0 意識清明 1(Ⅰ-1)見当識は保たれているが意識清明ではない 2(Ⅰ-2)見当識障害がある 3(Ⅰ-3)自分の名前・生年月日が言えない
Ⅱ刺激に応じて一時的に覚醒する (2桁の点数で表現)10(Ⅱ-1)普通の呼びかけで開眼 20(Ⅱ-2)大声で呼びかける、強く揺するなどで開眼 30(Ⅱ-3)痛刺激を加えつつ、呼びかけを続けると辛うじて開眼
Ⅲ刺激しても覚醒しない (3桁の点数で表現)100(Ⅲ-1)痛みに対し払いのけるなどの動作をする 200(Ⅲ-2)痛刺激で手足を動かす、顔をしかめたりする 300(Ⅲ-3)痛刺激に対して全く反応しない

  この他、R(不穏)I(糞便失禁)A(自発性喪失)などの付加情報をつけてJCS200-Iなどと表します。  

乳幼児意識レベルレベルの点数評価 JCS
Ⅰ刺激しないでも覚醒している (1桁の点数で表現)1あやすと笑う。ただし不十分で声を出して笑わない 2あやしても笑わないが視線は合う 3母親と視線が合わない
Ⅱ刺激すると覚醒する (2桁の点数で表現)10飲み物を見せると飲もうとする。 あるいは乳首を見せればほしがって吸う 20呼びかけると開眼して目を向ける 30呼びかけを繰り返すと辛うじて開眼する
Ⅲ刺激しても覚醒しない (3桁の点数で表現)100痛刺激に対し、払いのけるような動作をする 200痛刺激で少し手足を動かす、顔をしかめたりする 300痛刺激に対して全く反応しない

 

GCS E+V+M=合計○点と表現 正常は15点満点、深昏睡は3点、点数は小さいほど重症
開眼機能E (Eye opening)4自発的に、または普通の呼びかけで開眼 3強く呼びかけると開眼 2痛刺激で開眼 1痛刺激でも開眼しない
言語機能V (Verbal response)5見当識が保たれている 4会話は成立するが見当識派が混乱 3発語は見られるが会話は成立しない 2意味のない発声 1発語みられず
運動機能M (Motor response)6命令に従って四肢を動かす 5痛刺激に対して手で払いのける 4指への痛刺激に対して四肢を引っ込める 3痛刺激に対して緩徐な屈曲運動 2痛刺激に対して緩徐な伸展運動 1運動みられず

 

PTA、外傷性健忘について
重傷度PTAの持続
わずかな脳振盪0~15分
軽度の脳振盪1.5~1時間
中程度の脳振盪1~24時間
重度の脳振盪1~7日間
非常に重度な脳振盪7日間以上

  JCSは3桁が重度な意識障害で、GCSは点数が低いほど重度な意識障害となります。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市