手の構造と仕組み

手や指の構造

手や指は、叩く、擦る、物をつかむ、握る役割を果たしていますが、複雑な人間のからだの中でも特に繊細な構造となっています。
手や指には繊細な知覚があり、様々な情報を脳との間でやり取りしています。
複雑な構造をした骨・関節、それを取り巻く筋肉や腱、神経、血管が凝縮されているため、井軽微な怪我でも、日常生活や仕事のうえで、大きな支障を生じることがあります。

14-1

手や指の仕組み

指先から下に、末節骨、中節骨、基節骨、中手骨が位置しておりますが、親指には中節骨が存在しません
中手骨の下に位置するのは手根骨で、遠位手根列には、大菱形骨、小菱形骨、有頭骨、有鈎骨が、近位手根列には、舟状骨、月状骨、三角骨が配列されており、手根骨のうち豆状骨は尺側手根屈筋腱の中にある種子骨です。
具体的には、橈骨と尺骨および8つの手根骨で構成される手関節、指には24の関節など、多数の関節を有しており、手の骨は、8つの手根骨、5つの中手骨、5つの基節骨、4つの中節骨、5つの末節骨、合計27の骨で構成されています。

14-2

さらに、手関節の尺側には、TFCC=三角線維軟骨複合体が存在し、手首の骨を支え、手首の外側の衝撃吸収作用の役割をしています。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市