手根骨の骨折 有鈎骨骨折(ゆうこうこつこっせつ)~概要と後遺障害獲得のポイント~

有鈎骨骨折(ゆうこうこつこっせつ)は鉤骨折(こうこっせつ)とも呼ばれ、右手では、環指と小指の中間、下方にある手根骨の1つで、手のひら側に、突起=鉤が存在する特異な骨です。

15-1 15-2

手のひら側のCT画像ですが、突起=鉤が骨折しているのが確認できます。

交通事故では、バイクのアクセルを握った状態での出合い頭衝突、自転車・バイクから転倒する際に手をつくこと等により発症します。

ズレのない骨折の場合、6週間前後の前腕部以下のギプス固定、ズレ=転位の大きいときは骨折している鉤の切除が実施されます。
切除術では、1週間の外固定により手の使用が可能となることが多いといえますが、スポーツを開始するには4週間以上必要となる傾向にあります。

スポーツに伴う有鈎骨骨折では、ギプス固定であっても切除術であっても、後遺障害を残すことはあまりなく治癒することが多いといえます。

ところが交通事故では、衝撃がスポーツとは格段に違うため、骨折部の痛みが長期に続くことが予想されます。
骨折部の変形を3DCTにより立証し、神経症状で12級13号、14級9号の獲得を目指すことになります。少数例ですが、手関節の可動域制限で12級6号が認められることもあります。

手根骨の骨折で共通するのは、主治医がこれを見逃すことが多いことです。
受傷直後から骨折部に痛みや動作痛が発生しますがいわゆる激痛ではありません。

訴えが乏しいことに加えて、XP撮影においても2方向からの撮影では確認することが困難なため、経過観察となることが多くなっています。時間が経過した後、専門医を受診し骨折が発見されても、手遅れになることが多々あります。
自賠責調査事務所が、本件事故との因果関係を疑問視するからです。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市