手根骨の骨折 有頭骨々折(ゆうとうこつこっせつ)~概要と後遺障害獲得のポイント~

16-1

有頭骨とは、中指の中手骨の真下にある手根骨の1つです。
交通事故では、転倒した際に手をついたり、打撲の際に骨折することが多く、自転車やバイクの事故で多発しております。有頭骨の骨折では、手首の可動域制限と運動時の疼痛を残すことがあります。

交通事故を起こした時にすること

1)早期に画像で立証された確定診断をとることが重要 手根骨は8つの骨で構成されているのですが、交通事故では、舟状骨、月状骨、三角骨、豆状骨、有鉤骨、有頭骨で骨折が多発しています。これらの複数の部位で骨折・脱臼することもあります。
被害者が激痛を訴えることは少ないうえに、XPで確認するのが困難なことから、見落とされることが多々あります。

訴えに乏しく、初診のXPで確認されないまま3、4ヶ月が経過すると、その後に骨折が発見されても、自賠責調査事務所は本件事故との因果関係を疑います。被害者側で因果関係が立証できないときは、骨折が認められているにもかかわらず、非該当となるという最悪の事態が生じます。
見逃さないようにするには、受傷2ヶ月以内に手の外科専門医を受診しなければなりません。
専門医であれば、CT・MRIを駆使し、手根骨の骨折、脱臼の確定診断が可能です。

2)近年、手根骨の骨折に対しては、積極的に手術による固定が実施されています。
しかし、骨折の形状・合併症状から、手術でどこまで改善するのかを検証しておく必要があります。
固定術を受けた結果、手関節の可動域が背屈60°掌屈80°となれば、運動制限による支障が認められ可動域制限が4分の3を超えますが、機能障害としての12級6号は非該当になることが予想されます。
骨折部の変形癒合を立証したうえで、痛みを訴えても神経症状で14級9号が認定されるにとどまることが多くなってしまいます。

3DCT画像、症状と支障の実態を検証したうえで、後遺障害を獲得するために症状固定を優先させることも検討する必要があります。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市