手根骨の骨折 舟状・月状骨間解離、三角・月状骨間解離~概要と後遺障害獲得のポイント~

19-1  

手根骨の骨折 舟状・月状骨間解離

舟状・月状骨間靭帯が舟状骨の靭帯付着部で断裂して発症します。
舟状・月状骨の角度は通常30~60°であり、70°以上となると手根背屈変形、舟状・月状骨間解離となります。XP手関節正面像では、舟状骨と月状骨の間で2mm以上の間隙が認められることがあります。

治療として、受傷後早期の段階では、手根骨の配列を整復、Kワイヤーで6週間、その後装具を6週間装着することになり、職場復帰には通常6カ月程度を要します。受傷後かなりの起案が経過しているときは、舟状骨を周囲の手根骨と固定する手術が実施されることがあります。  

手根骨の骨折 三角・月状骨間解離

手関節の疼痛・可動域制限などがあり、月状骨と三角骨のある尺側部分に圧痛が生じることがあります。
XPの舟状・月状骨の角度は20°以下で手根掌屈変形が認められます。XP・手関節正面像では、月状骨三角骨間での両骨間に間隙が存在します。月状骨が橈骨の月状骨窩から外れ、尺側に偏位することがありこれを手根尺側偏位と言います。

後遺障害等級は、手関節の機能障害で12級6号が認定される可能性があります。可動域制限は、期間の経過とともに改善することがあるため、受傷後6ヵ月での症状固定を検討する必要があります。

通常のXPでは発見が困難であるため、痛みが続くときは専門医によるMRI、各種ストレス撮影や関節造影検査などを実施する必要があります。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市