手根骨骨折のまとめ

21-1

手の外傷においては、疼痛、変形、腫れなどの症状が軽いと診察されたときは、捻挫、打撲、挫傷などと診断され、十分な治療が行われていないことが多々あります。脱臼・亜脱臼であっても、整復が完了すると、その後の治療が十分行われないこともあります。

受傷直後、比較的症状が軽いと診察されたため、漫然と治療を継続しており、保険会社から治療を打ち切られた後になって後遺障害を検討する事例が多くみられますが、既に手遅れで後遺障害が認められない結果となることがほとんどといえます。

①救急搬送された病院で手の専門医が診察したときは、先の異常を見逃すことはほとんどありません。的確な画像検査で、骨折、脱臼、靱帯損傷が発見され、手術等、的確な治療が開始されます。この場合、高位の後遺障害は期待できませんが、劇的な改善で早期の社会復帰が実現できるため理想的な解決といえます。

②手の痛みを訴えているものの、XPで大きな異常がみられないため、経過観察となるケースでは、早期に専門医を受診することをお勧めします。受傷から2カ月以内に実行する被害者は、適切な治療が実施され、大きな後遺障害を残すことなく、早期社会復帰が実現できるからです。

③最悪な結果となるのは、漫然と治療を継続し、保険会社から治療の打ち切りを打診された頃に、動き出すケースです。この段階で骨折が発見されても、自賠責調査事務所は、被害者に対して本件事故との因果関係の立証を求めることになり、立証ができなければ後遺障害は非該当となります。

交通事故では、予想を上回る衝撃を受けた結果、不可逆的な損傷を被ることがあります。
早期に専門医を受診しても、全員が後遺障害を残すことなく治癒するものではありません。ときには、後遺障害により、その後の社会生活に重大な支障を残すこともあります。しかし、治療先の選択が正しければ、納得のできる治療と早期の社会復帰が実現できるのです。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市