クロスフィンガー~概要と後遺障害獲得のポイント~

クロスフィンガーとは

患指がとなりの指の下側に潜り込むことをクロスフィンガーといいます。
中手骨骨折部が回旋した状態で骨癒合したこと等が原因で発症し、治療方法としては骨切り術で対応します。
骨切り術とは、再骨折させたうえで指を曲げたときに重ならない位置に整複して、ミニプレートなどで固定する手術です。

50-1 50-2


手指の後遺障害

1)骨切り術によりクロスフィンガーが矯正されれば、通常、後遺障害は認められません

2)クロスフィンガーによる後遺障害は、等級認定表に定めがありません。
手指の後遺障害は、手指の欠損もしくは用廃、手関節の機能障害が規定されているだけです。

したがって、政令別表の規定により、他の後遺障害に準じて等級の認定を求めることになります。
このような事例では、クロスフィンガーにより、日常・仕事上でどのような支障が認められるのかを具体的に立証していかなければなりません。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市