交通事故に遭った際にとるべき行動6選

Blechschaden: silbernes Unfallauto

交通事故に遭った際の対応は決まっています!

交通事故に遭われた際、「対応順位」を頭に入れておくと、万が一の際に的確な行動をとることができます。

「何を優先すべきか?」を知っているだけでも交通事故現場におけるトラブルを最小限にすることができます。
ここでご説明するポイントを必ず抑えておくようにしてください。  

①人命優先で行動しましょう!

交通事故現場にケガ人がいる場合は、安全な場所に退避させた上で、早急に救急車を呼んでください。
ドライバーの中には、「交通事故を起こしたらまずは警察に連絡する」という認識をお持ちの方が多く見受けられますが、どんな事故であっても人命が最優先となります。  

②二次被害を防止しましょう!

自らが起こした事故によって二次被害が起こらないようにするため、車のハザードランプや発煙筒を使い、他の車に「事故現場である」ことを知らせるサインを送ってください。
また、事故車両によって更なる被害や迷惑が生じる場合は、路肩などに「車を寄せる」という対応をすることで二次被害の予防策となります。  

③警察に連絡を入れる!

ケガ人と二次被害の防止策を講じた上で、初めて警察に連絡をして良い状態となります。
警察に連絡をすることにより事故が発生したこと自体を証明することが可能となります。また、警察に報告することで保険金の支払いを受ける際に必要となる「事故証明書」が発行されることになります。
なので、どんなに小さな交通事故であっても必ず、110番に電話をするようにしてください。  

④保険会社への連絡

保険会社のサポートセンターでは、事故対応に関する的確な指示をだしてくれます。事故現場でパニックになってしまった際には、まずは保険会社に連絡をいれて指示を仰いでも良いのではないかと考えます。  

⑤事故の相手方と連絡先を交換しましょう!

どんな事故であっても、相手の連絡先を必ず聞いておきましょう。
運転免許証・保険証券・車検証などを見せてもらい、お互いの名前、住所、電話番号を交換しておくことが理想です。
また念のために車のナンバーも控えておくようにしましょう。  

⑥目撃者との連絡先交換や現場写真を撮影しておきましょう!

交通事故の示談交渉をスムーズに進めるため、スマートフォンなどを使って現場写真を撮っておくことが理想です。
現場では、自らの不注意で事故が起こったことを認めている場合でも、後日、全く違うことを言ってくるということが多々ありますので、可能な限り事故の状況を残しておくようにしましょう
また相手方の危険な運転を証明してくれる目撃者がいる場合は、その人の連絡先を聞いておいて、後日の紛争に備えることも必要となってきます。  

まとめ

ここで紹介した6つのポイントは、どんな交通事故であっても必ず行うべき内容です。

交通事故の際には、連絡先を交換する必要がありますので、運転する車のなかに「筆記用具、保険会社の連絡先がわかる資料、携帯電話、車検証」を載せておくようにしてください。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市