自転車に関する交通ルールとは?~子どもの事故防止策~

Dollarphotoclub_81392527

子供に教えるべき自転車の交通事故ルールとは?

自転車に乗った子どもが起こした交通事故の賠償責任については、親に追求されるケースが数多くあります。

また子どもが交通事故に巻き込まれないためにも「きちんとしたルールの中で自転車を運転すること」が必要となりますので、このページでご紹介するポイントを抑えておくようにしてください。  

自転車による交通事故の実情とは?

自転車における交通事故は、全事故件数と同様に減少傾向にあります。

しかし平成26年度の統計によると、自転車によって起こった死亡事故の78%が、「自転車に乗っている人に法令違反があった」事案であるため、トータル件数だけをみて安心できないのが、自転車事故における特徴といえます。

子供の自転車事故はどのぐらいの割合で起こっているのでしょうか?

自転車に関する交通事故だけでみると、死傷者の35%以上が「子供と高齢者」という実情があります。

特に子どもの場合は、「交通ルールを知らずに自転車を運転していた」というケースも多いため、大事なお子さんを交通事故から守るためにも、「自転車に乗る際に気を付けるポイント」を日頃から教えておくべきといえるでしょう。  

自転車運転中にやってはいけない行為とは?

自転車を運転する際に行ってはいけない行為が数多くあります。

子どもには、一緒に散歩やサイクリングをしている際に、「これはダメだよ!」と教えてあげることが必要となってきます。

・信号無視
・通行禁止違反
・酒酔い運転
・一時停止違反
・歩道での徐行違反
・通行区分違反
・歩道や路側帯での歩行者妨害
・交差点での右折車優先妨害
・交差点での優先道路通行車の妨害
・遮断機が下りた踏切への立ち入り
・環状交差点での安全進行義務違反
・ブレーキなし自転車の運転  

近年増加している自転車違反!

テレビニュースなどでも報道されているためご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、平成27年6月に道路交通法が改正されたことによって、これまで以上に自転車の交通ルールが厳しくなっています。

普段よく目にする「ヘッドホンを装着したままの運転」、「自転車運転中のスマートフォン利用」については自転車安全運転講習の対象となります。
このような運転をしている際に他人に衝突した場合、自転車側に大きな過失が認められるため、多額の賠償金を支払わないといけなくなります。
このような事態を避けるためにも、自転車に乗る際には、運転に集中するようにしてください。  

子供の起こした交通事故については親に賠償責任が認められることがあります!

子供が起こした交通事故による責任は、その事故の内容と子供の年齢によっては、親に賠償責任が認められる場合があります。

万が一自転車事故で他人にケガを負わしてしまった場合、交通事故を専門的に取り扱っている当事務所にご相談ください。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市