交通事故に関する保険について徹底解説

pixta_12970790_L

備えあれば患いなし!交通事故と保険の関係

自動車に乗る人々が加入する「保険」は、万が一の事故の際に自他を守る大事な存在です。

今回は、保険の種類と交通事故との関係について詳しく解説しますので、自動車保険加入時の参考にしてください。  

自賠責保険と任意保険の違いを教えて!

「自動車損害賠償責任保険」という正式名称を持つ自賠責保険は、自動車損害賠償法の第5条によって、自動車やバイクを使用する全ての運転者に加入義務がある損害保険です。

自賠責保険は「人身事故の被害者のみ」に適用されるため、自損事故などには適用されない特徴があります。

これに対して任意保険は、ドライバーが任意で加入できる保険です。

対人、対物、搭乗者、車両というさまざまな種類があるため、ドライバーの予算や必要性に合わせた組み合わせで保険加入する仕組みとなっています。

自賠責保険のような「加入義務」のない任意保険ですが、現在では70%以上の人が加入し、万が一の交通事故に備えています。  

自賠責保険で保障しきれない事故を起こした場合には?

自賠責保険の保証額は「最大4000万円」という上限があるため、被害者が重症となる大事故を起こした場合には、「自賠責保険から支払われるお金だけでは損害を賄いきれない」という状況となります。

そんな時に賄いきれない部分を補ってくれるのが、任意保険です。

例えば交通事故によって相手を負傷させ、人身の損害賠償額として300万円が請求された場合、自賠責保険から支払われる限度額は120万円(傷害の部分について)となります。

任意保険に加入していない人は、「残りの180万円を自分の財布から支払う」ことになりますが、ここで対人もカバーできる任意保険に加入していると、「保険会社から180万円の支払いが行われる」という仕組みとなります。

交通事故の賠償金の中には1億円を超える内容も珍しくありませんが、そんなときに任意保険に加入していれば、自分の財布から出すことなく保険会社から支払いをしてもらうことができます。  

保険会社とのコミュニケーションも重要です!

交通事故の被害に遭われた場合は、自らが加入する保険会社との連絡を必ず頻繁に行うようにしてください。

保険会社の担当者は、「相手側との示談代行をしてくれる存在」となりますので、交通事故に関する情報は正直に伝えるべきです。

また治療に関する報告を怠ったまま放置すると、治療が終了したとみなされて支払いが打ち切りになることもありますので、どんなことでも相談や連絡をする習慣を付けてください。

保険会社と良い関係を築くことが、交通事故のトラブルをスムーズに解決するために役立つことにも繋がります。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市