指の脱臼と骨折~概要と後遺障害獲得のポイント~

1)中手骨頚部骨折

発生の頻度が高い骨折の類型として、中手骨頚部骨折があります。
症状として、外傷の衝撃後に激痛、骨折部位の圧痛、手指の機能不全、腫脹、変形、運動障害などを発症します。

拳を握った状態で打撃、打撲による外力が加わったときに発症します。
交通事故では、バイクや自動車のハンドルを握ったまま正面衝突した際に、外力が中手指節関節から中手骨の長軸に向かうことで発生します。
  43-1

手根骨上部の「中」が、中手骨です。

腱と関節包との結合部位では剥離骨折が多く発生し、伸筋腱断裂によってマレットフィンガーと呼ばれる遠位指節間関節の屈曲変形が生じることがあります。

43-2

軽度であれば6週間程度の固定で改善が得られますが、重度の腱損傷や骨折を伴うときは、手術が選択されることがあります。骨折型、粉砕の程度、軟部組織の損傷の程度によっては、オペ後に指拘縮が起こり、また、発生部位に関わらず、整復が不完全なときは、運動障害や運動痛を残すことがあります。  

2)中手骨基底部骨折

基底部骨折は、直接の打撲などが原因で発症します。
脱臼骨折では、手部の隆起、突出、手指の顕著な変形が生じます。
親指の中手骨骨折は、付け根部分での発生が多いといえます。
親指の中手骨基底部関節内の脱臼骨折のうち、尺側基底部に骨片を残し、遠位骨片が橈側近位へ向けてずれるものをベンネット骨折と呼んでいます。
交通事故では、手を固く握った状態で、打撃、打撲などの衝撃が加わって発症します。
この骨折は整復位保持が困難な骨折として知られており、わずかなズレが残っても痛みが持続し、親指に機能障害を残すことが多いことから、手術を選択することが通常です。  

3)中手骨々幹部骨折

骨幹部骨折は、骨折線の方向によって横骨折と斜骨折に分類されています。
関節部の骨折では骨片が小さく、ズレが少ないときは、変形もなく、腫れや痛みなどの症状も比較的軽度であり、いわゆる突き指として放置されることが一般的です。骨片が小さく、転位が少ないとXPでは見逃されることも多いのです。
しかし、早期に適切な治療がなされないと、ズレが増強し、後に大きな障害を残すことがあります。  

4)ボクサー骨折

母指以外、特に環指、小指の付け根のMP関節のすぐ中枢に発生する骨折です。
交通事故では、強い打撃を受けたとき、転倒したときに手をついて発生することもあります。適切に治療しないとナックルの変形を残し、痛みの原因となります。関節内骨折では手術による治療が必要となります。  

5)PIP関節脱臼骨折

手指の中間部分の関節の骨折です。
手指の関節の骨折では、治療が困難であり、手術が選択されることが多いといえます。
指先から2つ目の関節を脱臼することをPIP関節脱臼といい、しばしば骨折を伴い脱臼骨折となります。これは、突き指をしたときや、関節が本来動く範囲を超えて強制的に動かされたときに生じます。
関節が安定していればシーネなどで固定して治療します。関節が不安定で、関節面に40%以上のズレが認められるときは、手術が選択されます。

靱帯断裂では、骨髄内からの陥没骨片の整復、ピンを用いた骨折の安定化などを実施します。必要に応じて創外固定器という持続牽引装置が用いられます。変形癒合のときは、良好な機能は期待できないため、再建手術が必要となります。
矯正骨切り手術や、肋骨肋軟骨を移植して関節を再建する手術が実施されます。手指であっても、人工関節置換術や関節固定術などが選択されることもあります。  

6)マレット フィンガー=槌指

指先に最も近いDIP関節の骨折です。副子固定ではズレを残すことがあり、また、骨癒合が得られず屈曲変形や痛みを残します。そのため、最近では手術を選択することが増えています。

突き指では、指先の関節、DIP関節を損傷することが多いといえます。
DIP関節が屈曲して伸ばすことができないときは、伸筋腱の断裂と剥離骨折が予想されます。伸筋腱の断裂を腱性マレットと呼び、剥離骨折は骨性マレットと呼ばれています。
腱性マレットでは、装具やシーネを用いた固定による保存療法をおこない、必要に応じて鋼線による指を伸展した位置での固定や腱を縫合します。骨性マレットでは、剥離骨片をワイヤーやスクリューで固定するオペが行われています。  

7)親指CM関節脱臼

49-1

物をつまむとき、ビンのふたを開けるときなど親指に力を必要とする関節をCM関節と呼びます。CM関節=第1手根中手骨関節は、親指が他の指と向き合って、物をつまむ動作ができるように働いています。
CM関節を脱臼・亜脱臼すると、手首の親指の付け根付近に疼痛を発症します。進行すると親指付け根部分が腫脹し親指が開きにくく、親指の指先の関節IP関節が曲がります。

母指の付け根のCM関節のところに腫脹を認め、押すと疼痛があり、親指を捻るようにすると疼痛が増強します。脱臼、亜脱臼はXP検査で立証します。
  49-2  

治療としては、消炎鎮痛剤入りの貼り薬を貼り、CM関節保護用の軟性装具を付けるか、固めの包帯を母指から手首にかけて8の字型に巻いて動きを制限します。それでも不十分なときは、消炎鎮痛剤の内服と関節内注射を併用します。
痛みが強く、亜脱臼を伴う高度な関節の変形や親指の変形が見られる時には、関節固定術や大菱形骨の一部を切除して靱帯を再建する切除関節形成術などのオペが必要になります。
オペに至らないものでも、親指の可動域制限を残しますが、2分の1以下にはならないのが大半です。  


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市