自動車事故より複雑!バイク事故の実情!

バイク事故

自動車事故よりはるかに厄介!?バイク事故の実情とは?

オートバイや原付バイクによって生じる「バイク事故」は、「自動車と自動車」、「人と自動車」という一般的な交通事故と比べて、複雑になることが多々あります。
今回はそんなバイク事故の問題点について詳しく解説しますので、ぜひチェックしてください。  

自動車保険ではバイク事故の補償はできない!

多くの人が加入している自動車保険は、「自動車(四輪車)運転時の事故に補償が行われるもの」です。
バイクの場合は四輪車ではありませんので、自動車運転の補償対象とはならないのです。
これに気付かずバイクを運転している人が事故を起こすと、負傷してしまった相手の治療費などを自賠責保険から支払うことになります。
しかしその事故内容が酷い場合、自賠責保険には限度額があるため、カバーしきれなくなり、結果として「加害者が自分で賠償額を払うしかない」という状況に陥ってしまうのです。
このようなトラブルを回避するためにも、「バイクに乗っている人はバイク保険に必ず加入すべき」といえます。  

バイク運転者はバイク保険に加入していないことが多い!

自動車と比べてリーズナブルな価格で購入できるバイクは、収入の低い若者によって運転されることが多い乗り物です。
若い運転者の中には、「バイク本体は買えたけど、バイク保険に加入する余裕はない」という方々も多く見受けられますので、バイクを相手にした交通事故に遭った場合は、対自動車の事故よりも入念に「連絡先の交換」や「警察への連絡」をしておくべきです。
当事者間の示談が成立しない場合は、裁判などの法的な判断を仰ぐことになりますが、それでも収入の低い運転者の中には「お金がないから払えない」と開き直る方々もいるようです。  

現場から逃げてしまう人もいる!

小回りのききやすいバイクの運転者の中には、交通事故を起こした後に逃げてしまうことも多々あります。
この状況でバイクを追いかけるのは、危険を伴いますので、「バイクのナンバーや特徴を覚える」とか「早めに警察に連絡する」という主段を取るようにしてください。  

バイク相手の事故で困った時には?

バイク相手の事故でトラブルが生じた時には、交通事故に関するノウハウを有する弁護士事務所に相談してください。
四ツ橋総合法律事務所では、これまでにさまざまなバイク事故の訴訟などを担当していますので、どんなケースでも対応可能となっています。
バイク事故の多くは示談がなかなか進まないというケースも多く見受けられますので、相手の出方に違和感を覚えた時には、早めに弁護士に相談をした方が良いといえるでしょう。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市