交通事故証明書について~入手方法を含めて~

書類

確認!交通事故証明書とは?

交通事故証明書とは、「交通事故が起きたことを証明する書類」です。
書類の中には、事故発生日時、場所、被害者/加害者の氏名、住所、生年月日、事故を起こした車両の番号、事故の状態などが書かれています。
また「事故類型」という項目には、「人対車両」、「車両相互」、「車両単独」、「調査中の事故」などの記載もありますので、実際に現場を見ていない保険会社の担当者や第三者でも、事故のイメージが掴みやすい内容で発行されます。  

交通事故証明書の請求は誰が行うの?

保険金の支払いに使われることの多い交通事故証明書は、保険会社の担当者によって請求されることの多い書類です。
保険会社以外でこの書類の請求ができる人は、交通事故の被害者や加害者本人、被害者の遺族、交通事故に関わっている親族となります。
事故と全く関係のない第三者による、興味本位での請求はできません。  

交通事故証明書の申請はどこで行うのでしょうか?

交通事故証明書の申請・発行は、各都道府県の自動車安全運転センターで行われています。
出張や旅行の際に他県で起こした事故についても、「自分が住んでいる地域の自動車安全運転センター」で請求・発行が可能となっていますので、わざわざ交通事故を起こしたエリアまで行く必要はありません。  

郵送やWEBでも請求可能です!

自動車安全運転センターに行くのが面倒という人には、郵送やWEBを使った申請方法がおすすめです。 交通事故証明書を郵送で請求する場合は、最寄りの警察署で申請用紙をもらう形となります。
WEB請求については、「本人だけ」が申請可能となっていますので、被害者の親族などが請求する場合は、「郵送 または 自動車安全運転センターで手続きする」ことになります。  

交通事故証明書にも請求可能期間がある!

交通事故証明書は、「物損事故の場合→事故発生から3年、人身事故の場合→事故発生から5年」という請求期間の定めがあります。
この期間を過ぎてしまうと、交通事故証明書が発行されないことにより保険の支払いができなくなるというトラブルに繋がりますので、示談交渉や裁判が長期化する事故の場合は、注意をすべきです。
基本的には保険会社によって請求される交通事故証明書となりますが、稀に「請求期間が過ぎてしまうこと」がトラブルになることもあるようです。  

まとめ

任意保険の支払いを行う際には、交通事故証明書の発行が必要不可欠となります。
交通事故証明書は、「警察への事故の届け出」がなければ発行されない書類となりますので、どんな事故であっても必ず警察に連絡することを守るようにしてください。
交通事故に関するトラブルを得意とする四ツ橋総合法律事務所では、交通事故証明書に関するご相談も受け付けています。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市