外傷性頚部症候群②(いわゆる「むちうち」に関する後遺障害)~後遺障害のポイントについて~

後遺障害に該当するかどうかの判断は、損害保険料算出機構の自賠責損害調査事務所(以下、「調査事務所」といいます。)が行っています。

外傷性頚部症候群の場合、14級9号に該当するかどうかが問題となります。

調査事務所が公表する外傷性頚部症候群の後遺障害認定要件は以下のとおりです。

「外傷性頚部症候群に起因する症状が、神経学的検査所見や画像所見から証明することはできないが、
受傷時の状態や②治療の経過などから③連続性、一貫性が認められ、
説明可能な症状であり、④単なる故意の誇張ではないと医学的に推定されるもの。」

上記の要件について、詳しくみていきます。

①受傷時の状態

受傷時の状態とは、受傷機転、事故発生状況のことを意味しています。

軽微な事故の場合には衝撃も軽微であることから、後遺障害が残存するような頚部症候群は発症しないということを規定しているのです。

当事務所では、最初のご相談の際、車両の損傷状況を必ず確認しておりますが、これは後遺障害が認められるかどうかを予測するためでもあります。

軽微な物損事故であれば、後遺障害が認定される可能性は極めて低くなります。

もちろん、歩行者・自転車・バイクでの事故の場合は、この限りではありません。

②治療の経過

治療の経過とは、事故直後から、左右いずれかの頚部、肩、上肢~手指にかけて、重さ、だるさ、しびれの神経症状を訴えていたかどうかを問題としています。

そこで、当事務所では、ご相談いただく皆様に対して、左右いずれかの頚部、肩、上肢~手指にかけて、重さ、だるさ、しびれが出現していたかどうかについて、様々な角度から質問を行っています。

事故直後にご相談いただく皆様に対しては、現在の症状について、医師にどのように伝えたらよいかという点についてもアドバイスを行っています。

また、事故から数カ月を経過して発症した症状については、事故によるものではないと判断される傾向にあるため、そのような事態に陥らないためのアドバイスも行っています。

よくある事例として、事故直後は他の部位の痛みが強いことから当該部位のみ症状を訴えていたために頚部についての記載が診断書に記載されておらず、最終的に事故の損害として認められないということがあります。

このような事態に陥らないためにも、事故後早い段階でのご相談をお勧めしています。

③連続性、一貫性とは、間隔が空くことなく継続的にリハビリに通っていたかどうかを問題としています。これまでの経験からすると、整形外科に1カ月に10回以上の通院を行っていれば、14級9号が認められる可能性が高くなるといえます。

なお、この連続性、一貫性は、整骨院での施術では認められない傾向にあります。施術は、医療類似行為であって、医師の行う治療ではないと判断されているからです。

単なる故意の誇張ではないという要件は、症状がないにもかかわらず賠償を受けるために通院を行っている場合を排除するために規定されています。

上記をまとめると、

「外傷性頚部症候群に起因する症状が、神経学的検査所見や画像所見などから証明することはできないとしても、痛みやしびれを生じさせるような事故受傷であり、当初から自覚症状があり、その原因を突き止めるために医師の診察・治療を受け、MRIの撮影も受けている。

その後も、痛みや痺れが継続していることが通院先や通院実日数から推測ができるところから、事故から現在までを総合して考えるのであれば、これは、後遺障害として認めるべきであろう。」

調査事務所が、このように判断したときに14級9号が認定されています。

当事務所では、4つの要件に対応する必要から、受傷直後からの対応を重視して取り組んでいます。

上記の説明は、あくまで一般的な説明であり、個別の事案によりケースバイケースで対応する必要があります。

後遺障害について、適正な判断をご希望であれば、出来る限り早期の段階で、当事務所にご相談ください。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市