外傷性腰部症候群の神経症状~概要と後遺障害獲得のポイント~

57-1

脊椎は、25の椎骨が椎間板というクッションを挟み、頚部から尾底骨まで連なったものです。
頚椎はC、胸椎はTh、腰椎はL、その下の仙椎はSと表示します。腰椎は5つの椎骨が椎間板を挟んで連なっており、椎骨の空洞部分には脊髄がとおっています。脊髄はL1で終わり、それ以下は馬尾神経が走行しています。
椎間板、脊椎を縦に貫く前縦靭帯と後縦靭帯、椎間関節、筋肉などで椎骨はつながれています。椎骨の馬尾が走行する部分を椎孔といい、椎孔がトンネル状に並んでいるのを脊柱管と呼びます。
馬尾神経から枝分かれした神経根は、それぞれの椎骨の間の椎間孔と呼ばれる部分をとおり、身体各部を支配しています。

57-2

外傷性腰部症候群で重要となるのは、L3/4/5/S1の神経根です。
脊髄から枝分かれしているL3/4/5/S1の左右6本の神経根はそれぞれの下肢を支配しているからです。

57-3

L3/4のヘルニアでは、L4神経根が障害され大腿前面、下腿内側面に知覚障害が出現、膝蓋腱反射は減弱、つまり大腿四頭筋・前脛骨筋が萎縮し、大腿神経伸展テスト=FNSが陽性となります。

57-4

L4/5のヘルニアでは、L5神経根が障害され、下腿前外側、足背に知覚障害が出現、長母趾伸展筋の筋力低下、大臀筋が萎縮し、ラセーグテストは陽性となります。

57-5

ラセーグテスト   L5/S1のヘルニアでは、下腿外側、足背、足底外縁に知覚障害が出現、アキレス腱反射は低下・消失し、腓腹筋および腓骨筋力が低下し、つま先立ちが不可能となります。ラセーグテストでは、陽性所見を示します。

1)年齢による変性 ヘルニアと診断された場合、事故によって出現したものではないとの所見が医師からなされることがあります。事故から腰痛が出現し、しびれが出ているにもかかわらず因果関係がないといわれることに納得されない被害者が数多く存在します。
もっとも、損害賠償との関係でいうと過度に気にする必要はありません。脊椎の変性は18歳頃から始まると言われており、30歳を超えれば、ほぼ全ての人に程度の差こそありますが年齢変性が認められます。年齢変性の代表は腰椎椎間板ヘルニアであり、多くは末梢神経である神経根を圧迫しています。
末梢神経である神経根は、膜で覆われた状態で存在しています。事故前にヘルニアが存在していても多くは無症状ですが、交通事故の衝撃によりこの膜に傷がつくことで支配神経の領域に痛み・痺れなどの神経根症状が出現します。そして、この症状こそが、後遺障害の対象となるのです。

57-6

14級9号レベルの場合、傷ついた膜の修復がなされることで無症状に戻ることもあります。時間はかかりますが、痛みや痺れが継続することは少ないといえます。
「年齢相応の変性は、素因減額の対象にしない!」 これは、東京・名古屋・大阪の3地方裁判所の合議で決められています。

2)早期のMRI撮影 早期のMRI撮影で神経根に浮腫が確認できることがあります。これが確認できれば、腰部椎間板ヘルニアは、外傷性であることを立証したことになります。XPやCTは骨を見るためのものであり、神経根を確認できるのはMRIだけです。できる限り受傷2カ月以内にMRIの撮影を受けることをお勧めします。

受傷後に撮影したMRIでL4/5/S1の神経根の通り道が狭まっており明確に圧迫を受けている

これが確認できたときは、自覚症状に一致した画像所見が得られたことになり、後遺障害の獲得に一歩前進です。

3)4つの要件の重要性
①30万円以上の物損
②事故直後からの症状の出現、早期のMRI撮影
③6カ月間の真面目な整形外科通院
④常識的で信憑性が感じられる療養態度

これらの要件をみたすことで後遺障害の獲得の可能性が高まります。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市