死亡事故でも請求可能?~後遺障害に関する逸失利益~

松葉杖

1 逸失利益とは?

逸失利益とは、交通事故によって後遺障害が残ったり死亡してしまった場合、将来得られる予定であった収入のうち得られなくなってしまった収入のことを指しています。

逸失利益には、後遺障害逸失利益と死亡逸失利益があります。  

2 逸失利益と休業補償は同じですか?

休業補償は、交通事故で生じたけがの治療のため入通院を行ったことにより会社を休んだことに対する補償です。

そのため休業補償は、治療期間中にのみ支払われることになります。

これに対して逸失利益は、治療が終わってもなお後遺障害が残った場合の将来の減収を補償する内容といえます。

このような理由から、治療が終了する症状固定日までが休業補償、治療終了後が逸失利益と区別することができます。  

3 逸失利益はどんな計算で求めるの?

逸失利益を求める計算式は、下記のとおりとなります。

後遺障害逸失利益 = 1年当たりの基礎収入 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間に対するライプニッツ係数

基礎収入については、会社員の場合は交通事故前の実収入となりますが、固定の給与のない会社役員や自営業者、個人事業主の場合は、サラリーマンとは異なる考え方になるため注意が必要です。

「ケガをしたことでどのぐらい働けなくなったか?」をパーセントで表わす労働能力喪失率は、労働基準監督署で定めた基準が使われるため、計算の際には「労働能力喪失率表」をチェックするようにしてください。

ライプニッツ係数は、「長い年月をかけて稼ぐはずのお金を一括でもらうため、中間利息を控除する必要がある」という考えに基づいて作られています。  

4 減収がなくても後遺障害逸失利益は認められる!

実際の減収がなくても、後遺障害逸失利益が認められるのは、大きく分類すると下記の2パターンであるといえます。

①事故の後遺症によって、昇任、昇給、転職などの際に不当な取扱いを受ける恐れがあるケース
②本人の努力によって減収していないだけであり、交通事故前と同じように働いていれば、既に減収していると考えられるケース  

5 まとめ

被害者のさまざまな事情を考慮すべき逸失利益は、一般の人には計算や考え方が難しい内容といわれています。

上記の計算式で自分の逸失利益が求められないときには、ひとりで悩まずに、交通事故のプロフェッショナルである当事務所にご相談ください。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市