飛び出し注意!登校児童を交通事故から守るポイントとは?

登校

1 子供の交通事故の実態とは?

2008年のデータによると、歩行中の交通事故死傷者の約半数が「子どもと高齢者」と報告されています。

子供の交通事故の約3割は飛び出し事故とされており、大人と比べて視野が非常に狭く、ドライバーにとっても動きが予期できないという特性が、さまざまなアクシデントに繋がっているといえそうです。

日本の交通事故において、子供と高齢者は「交通弱者」といわれています。
交通教室などを通して登下校で必要なルールを学ぶことも、事故の減少に繋がるといえるでしょう。  

2 子供は急に止まれない!

12歳以下の子供が交通事故を起こす原因は、半数以下が「飛び出し」とされています。

全歩行者における飛び出し交通事故の割合は、3割前後となっていることからすると、このデータから「子供の飛び出しがいかに多いか」という点が明確になっています。

非常に視野の狭い子供は、一緒に遊んでいる友達やボール、ペットなどしか見ていない傾向があります。

そのため、自分が気になる対象の移動に伴い、「私も動かないと!」という衝動に駆られてしまい、結果として自動車事故に巻き込まれてしまうのです。

また子供は大人と違って、場所を選ばずに遊ぶ特徴もあるため、少し飛び出しただけでも交通事故に遭いやすい傾向が高いと考えて良いでしょう。  

3 登校児童を交通事故から守るためには?

大事なお子さんを登校中の交通事故から守るためには、登校に使う経路を親子でゆっくり歩きながら、注意すべきポイントを教えてあげる必要があるといえます。

また登校経路の中には、子供がつい遊んでしまうたくなるようなスペースも多く見受けられるかと思いますので、「登下校の際にはボール遊びをしない」などのルールを教えることも非常に重要といえます。

余裕があるときは定期的にお子さんのお迎えに行き、一緒に通学経路を歩きながら、「ちゃんと交通ルールを守れているか?」を確認してあげることも、交通事故防止に繋がるといえます。  

4 まとめ

交通弱者の子供たちは、登下校や遊んでいる最中などに、交通事故に巻き込まれやすい傾向があります。

そんな子供たちを守るのは、地域の交通教室や親によって確認される交通ルールとなりますので、自動車事故に巻き込まれないためにも、普段から指導をしてあげるようにしてください。

万が一被害者になってしまった場合は、交通事故相談を得意とする四ツ橋総合法律事務所にご相談ください。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市