腰部捻挫・外傷性腰部症候群~概要と後遺障害獲得のポイント~

56-1

脊柱は合計25の椎骨で構成されていますが、5つの腰椎は、それぞれ左右に関節包につつまれた椎間関節があり、椎間板や靱帯や筋肉で連結されています。

追突などの交通事故による受傷によって、腰椎が過伸展状態となり、これらの関節包、椎間板、靱帯、筋肉などの一部が引き伸ばされ、あるいは断裂して腰部捻挫を発症します。

頚部捻挫と腰部捻挫は、診断書に併記されていることが多いのですが、後遺障害の対象として注目されるのは、圧倒的に頚部捻挫、外傷性頚部症候群です。
経験則では、腰部捻挫は椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の基礎疾患がある被害者に多発する傾向があり、このケースでは重症化し、しばしば固定術に発展することがあります。

外傷性腰部症候群における後遺障害

1)自賠責調査事務所が公表する外傷性腰部症候群の14級9号の後遺障害認定要件

「外傷性腰部症候群に起因する症状が、神経学的検査所見や画像所見から証明することはできないが、①受傷時の状態や②治療の経過などから③連続性、一貫性が認められ、説明可能な症状であり、④単なる故意の誇張ではないと医学的に推定されるもの。」

では、これを詳しくみていきます。

①受傷時の状態とは? 「受傷時の状態」 とは、事故発生状況のことであり、軽微な衝撃であれば後遺障害は認めないということを内容としています。 車と車の衝突では、物損金額が30万円を超えるかどうかが基準になると考えます。バンパーの交換程度の場合、後遺障害は認められにくいといえます。

②治療の経過とは? 「治療の経過」 とは、事故直後から、腰部痛以外に左右いずれかの下腿から足趾にかけて脱力感、しびれ感の神経根症状が認められているかどうかを問題としています。
もっとも、14級9号であれば目立つしびれ感がないこともあります。そこで、事故直後から、腰部痛、左右いずれかの下腿から足趾にかけて脱力感、だるさ感、重さ感、しびれ感の神経根症状が認められるかどうかというように症状の範囲を拡大して検討する必要があります。
単なる腰部痛とそれに伴う胸腰椎の運動制限は後遺障害の対象とはならないと考えています。また、事故から数カ月を経過して発症したものは、事故との因果関係が否定されます。

③連続性、一貫性とは? 「連続性、一貫性」 とは、真面目にリハビリ通院を続けているかどうかを判断する基準となっています。整形外科・開業医で1ヶ月に10回以上であると想定しています。どんな症状を訴えても、6カ月間で30回程度の整形外科通院の場合、後遺障害の認定は難しいといえます。
なお、整骨院は医療類似行為と考えられており、治療ではなく施術と捉えられるため、治療実績として考慮されていない可能性が高いといえます。

④単なる故意の誇張ではない? 「単なる故意の誇張ではない」 とは、被害者の常識性と信憑性です。
賠償志向が強く、発言が過激で症状の訴えが大袈裟、通院にタクシーを継続的に利用、長期間の休業と休業損害の請求など、保険会社が不相当に課題な要求と判断したときは、後遺障害を申請しても、排除される可能性があるということです。

これらを要約すると、「外傷性腰部症候群に起因する症状が、神経学的検査所見や画像所見などから証明することはできなくても、痛みや痺れを生じさせるような事故であって、自覚症状があり、その原因を突き止めるために早期に医師の診察を受けてMRIの撮影も受けており、その後も痛みや痺れが継続していることが通院先や通院実日数から推測ができる。事故から現在までを総合して考える。」ということです。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市