海外旅行中に外国で交通事故!とるべき対応とは?

外国で交通事故に遭った場合、どう対処すればいい?

海外で交通事故に遭ってしまった場合には、日本にいる時と同じように、警察・保険会社、レンタカー利用時にはレンタカー会社に連絡を入れるようにしてください。

日本国内とは異なる交通ルールが適用される海外では、どんなに簡単な事故であっても、示談交渉をしない方が良いといえます。

また悪質な加害者の場合は、当て逃げなどをするケースも多く見受けられますので、まずは地元の警察に連絡するのが先決といえるでしょう。  

簡単に謝らないことも大事です!

自分の運転ミスによって生じた交通事故であっても、謝罪をすることについては慎重さが必要といえます。

謝罪によって「自分に非があることを認めた」と相手方が主張し、その後の事故処理や各種交渉で不利になることもあるのです。

パニックになって「Sorry!」と叫んでしまう気持ちも理解できますが、交通事故の場合は「謝るよりも先に警察や保険会社に連絡すること」を優先させるようにしてください。  

レンタカーを借りる際には保険や事故対応の確認もしておきましょう!

海外旅行先でレンタカーを利用する際には、提携している保険会社の連絡先や、交通事故に遭った時の対処方法を確認してから出発するようにしてください。

実際に事故を起こしてパニックになってしまうと、ダッシュボードに入っている説明書などを確認する余裕もなくなりますので、運転前に説明してもらうのが最も良いといえるでしょう。  

旅行で外国にいる時でも日本の自動車保険が使えるの?

日本の自動車保険は、「日本国内で運転している時のみ」に使えるものがほとんどです。

つまり、外国では日本の自動車保険が適用されないため、海外旅行や出張などで自動車運転をする機会の多い人は、日本国内とは別に保険加入を検討した方が良いかもしれません。  

外国に行くなら海外旅行傷害保険に加入した方が良いですか?

海外旅行傷害保険に含まれる賠償責任保険は、契約者自らがレンタカーを運転する際には保険金が支払われない仕組みとなっているものが大半です。

またクレジットカードの契約時に付いてくる海外旅行傷害保険の多くは、おまけ的な機能だけのケースが多いため、外国に出発する前に保障内容を確認しておいた方が良いといえます。  

まとめ

外国で交通事故を起こした場合も、「警察や保険会社に連絡を入れる」という対応は同じです。

しかし言葉や風習、法律などの問題で示談交渉が難航するケースも非常に多いといわれていますので、手続きや準備で困った事がある場合は、交通事故トラブルを得意とする四ツ橋総合法律事務所に相談をしてみてください。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市