肩関節の構造~後遺障害獲得のための基礎知識~

4-1 4-2

交通事故により鎖骨骨折、肩の腱板断裂等の症状が生じることが多々あります。傷病名ごとの後遺障害獲得のためのポイントを解説する前提としてまず、肩関節の構造について解説します。
肩関節を骨にのみ着目すると丸い上腕骨頭が肩甲骨の窪みに付着しているだけで、肩甲骨は鎖骨につり下げられるように連結し、他方で肋骨にも乗っかっており不安定な構造となっています。
肩関節は、上肢に自由度の高い運動範囲を与えていますが、極めて不安定であるため外傷の衝撃により、骨折や脱臼を起こしやすい構造となっています。

これらの不安定性を補う必要から、関節唇、関節包や腱板によって補強されています。
上方には、烏口肩峰靱帯があり、上方の受け皿となり、滑液包が潤滑の役割を担っています。
関節包は余裕を持たせる一方で、局部的に肥厚し安定性を高めています。

4-3

肩関節は、三角筋と大胸筋の大きな筋肉で覆われています。
三角筋は、肩関節を屈曲・伸展、外転、水平内転・水平外転動作に関与しており、棘上筋と共に外転筋として前部・中部・後部に分かれ、それぞれ違った働きをします。その付着は、僧帽筋の付着位置とほぼ一致し、僧帽筋が肩甲骨を固定している時に三角筋は、上腕を外転することが可能です。肩関節をすっぽり覆っているため、肩関節を保護する役目も果たしています。
大胸筋は、肩関節の水平内転、屈曲、内転、内旋動作などに関与しており、3方向の繊維に分かれていて、それぞれ力の加減によって使い分けられます。呼吸に関する筋肉としても重要で、肋骨を持ち上げ、呼気の補助をします。手と手を合わせ、お互いの手のひらに力を入れた際に盛り上がる筋肉が大胸筋です。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市