手指の靱帯・腱損傷および骨折~後遺障害獲得のポイント~

1)手指の用廃

手指の機能障害による後遺障害等級

4級6号両手の手指の全部の用を廃したもの、指の末節骨の長さの2分の1以上を失ったもの、中手指節関節または近位指節間関節(親指では指節間関節)に著しい運動障害を残したもの、著しい運動障害とは運動可動域が健側の2分の1以下に制限されたものを言います。
7級7号1手の5の手指または親指を含み4の手指の用を廃したもの、
8級4号1手の親指を含み3の手指の用を廃したものまたは親指以外の4の手指の用を廃したもの、
9級13号1手の親指を含み2の手指の用を廃したものまたは親指以外の3の手指の用を廃したもの、
10級7号1手の親指または親指以外の2の手指の用を廃したもの、
12級10号1手の人差し指、中指または薬指の用を廃したもの、
13級6号1手の小指の用を廃したもの、
14級7号1手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの、

  「手指の全部の用を廃したもの」とは、親指ではIPより先、その他の指ではPIPより先の2分の1以上を失ったもの、また親指ではIP・MPその他の指ではPIP・MPのいずれかに正常可動域の2分の1以下に制限されたものを言います。
両手であれば4級6号、片手であれば7級7号が認定されます。

①親指

部位

MP関節主要運動

IP関節主要運動

他の主要運動

親指

屈曲

伸展

合計

屈曲

伸展

合計

橈外転

掌外転

合計

正常値

60°

10°

70°

80°

10°

90°

60°

90°

150°

用廃

30°

5°

35°

40°

5°

45°

30°

45°

75°

51-151-2

51-351-4

その他の指

部位

MP関節主要運動

PIP関節主要運動

手指

屈曲

伸展

合計

屈曲

伸展

合計

正常値

90°

45°

135°

100°

0°

100°

用廃

45°

25°

65°

50°

0°

50°

 

手指の関節は、親指にあっては、指先に近い方からIP、MP関節、 親指以外の手指にあっては、指先に近い方からDIP、PIP、MP関節といいます。
手指の関節に参考運動はありません。

51-551-6

51-751-8

手指の機能障害に伴う後遺障害は、MPとIP関節が対象で、どちらかの関節可動域が、健側に比較して2分の1以下にならない限り、用廃ではなく、非該当となります。DIP関節に至っては、全く屈伸できない状態であっても14級7号が認定されるにとどまります。

疼痛を残したときは、神経症状として14級9号、12級13号が認定されます。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市