交通事故の治療や入退院で保険金を騙し取る人が急増中?

muchiuchi

交通事故で保険金を騙し取る被害者も少なくない

交通事故に遭ったタイミングで、全く痛くもない部位に対して「むち打ち症かも?」と保険会社や加害者に虚偽の主張をすることで、多額の慰謝料や見舞金を受け取ろうとする悪質な被害者も多く存在します。

最も悪質なケースでは、交通事故では全く負傷がなかったのに、自分が本来抱えていた肩こりや首周辺の神経痛の治療をする人もいるため、注意が必要です。

このような嘘が保険会社に発覚した場合は、悪質な詐欺行為として刑事責任を問われることもありますので「慰謝料や見舞金を少しでも多く受け取ろう」といった悪巧みは絶対にしないようにしてください。

保険会社に疑われないようにするためには?

交通事故に遭ったばかりタイミングでは、過度な興奮によってむち打ち症による痛みや骨折に気付かない人も多く存在しています。

しかし、そんな精神的な興奮という背景があったとしても、後々になって「やっぱりむち打ち症かもしれません!」と申告すると、多くの加害者や保険会社から「本当にむち打ち症なの?」と不信感を持たれてしまうのです。

また、一度不信感を持った顧客については、保険会社側でも入念な調査を行いますので、トラブル回避という意味でも「事故に遭った当日に1度受診をしておくこと」を徹底した方が良いといえるでしょう。

保険金詐欺を勧めるヤブ医者も存在する

慰謝料や保険金に関する悪巧みをするのは、当事者だけではありません。 悪質な整形外科医の中には、保険金や慰謝料請求しやすい診断書を発行するヤブ医者も少なからず存在しているといわれています。自分自身の刑事責任を問われるリスクが生じないようにするためにも,「自身でも診断書の記載内容が正しいかどうかを確認した上で保険金請求をすること」に徹するべきといえるでしょう。

後々生じたむち打ち症の扱いに悩む時には?

事故当日に受診をせず、数日経ってからむち打ち症などの症状が出てしまった時には、不信感をもった保険会社とのトラブルを回避するためにも、交通事故トラブルに強い弁護士に相談するのが理想です。

特に保険会社や加害者から「本当にむち打ち症なのですか?」といった疑いがある場合は、保険金や慰謝料請求がスムーズに行われないこともありますので、これ以上精神的ダメージを増やさないためにも弁護士にサポートしてもらうべきといえるでしょう。


交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市