任意保険に入っていると初期対応と事故対応の何が変わる?

交通事故現場で行うべき初期対応とは?

自動車事故を起こした場合は、自分が被害者・加害者どちらであっても初期対応を行わなければなりません。交通事故現場にケガ人がいる場合は、症状に合った救護を行いながら110番と119番に通報をするようにしてください。また当事者である自分自身もケガをしている場合は、現場検証よりも病院に行って治療を受けることを優先する必要があります。

自分の車が邪魔になっている!?レッカー移動はいつすべき?

事故現場に警察が到着したら、被害者・加害者も一緒に実況見分(現場検証)が行われます。交通事故を起こしたことによって道路交通に支障が生じている場合は、路肩などの邪魔にならないところに自動車を移動させるようにしてください。この時にレッカーを呼んでしまうと正確な実況見分ができなくなりますので、注意が必要です。

保険会社への報告はいつすべき?

保険会社への報告は、「警察と救急車を呼んだ後(警察が来る前)」に行われるのが一般的です。このタイミングで報告をすると、保険会社の方で行うレッカー車の手配もスムーズに行われます。また現場検証後に病院で検査を受ける場合は、その話も保険会社担当者にしておくべきですので、どんなに忙しくても「その日のうちに連絡をとること」が理想となるでしょう。

保険会社の事故対応にはどんな種類がある?

任意保険会社の担当者は、交通事故トラブルに合ったサービスの紹介をしてくれます。また保険会社と連絡をとっておけば、交通事故によってパニック状態に陥っていても的確な行動をとれますので、相手方とのコミュニケーションなどでわからないことがあれば、担当者に相談をしてみても良いでしょう。そんな任意保険会社で可能な事故対応の中には、事故状況の確認や被害者との交渉、責任割合決定といった専門性の高いサービスがたくさんあります。

保険会社に連絡すれば現場に担当者が来てくれる?

受付窓口として公開されている電話番号は、基本的に「事故が起きたことを受け付けるために設置されたもの」となります。この番号に電話をかけると、24時間365日対応可能なコールセンターに繋がる仕組みです。多くの保険会社は、担当者からの数時間後~翌日コールバックが行われる形となりますので、保険会社が事故現場で交渉を行ってくれるといったことは基本的には「ない」と考えてよいでしょう。

交通事故
に強い

弁護士の無料査定アドバイスサービス

「大阪交通事故相談窓口」の交通事故相談は全国対応可です。お電話やフォームからのお問い合わせにもお応え致します。

交通事故相談 全国対応可 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-4284-99 相談無料 24時間 年中無休 メールでのお問い合わせ

ご対応可能な都市